投資適格な社債に投資するETFの検討

米国の債券に投資するなら、米国債か、総合債券に投資することが多いでしょう。

 

米国ETFであれば、米国総合債券ETFである【BND】や【AGG】あたりが人気のようです。

 

一方で、傍らには、【LQD】や【USIG】など、投資適格な米国の社債だけに投資するETFも存在し、米国債より利回りが良いということで、インカム投資家の間では人気があるようです。

 

ここでは、そんな、国債ではなく、投資適格な社債に投資するETFを見て行きます。

 

AGGやBNDにも社債は含まれている

社債ETFを見る前に、米国総合債券ETFである【AGG】や【BND】を見てみましょう。

 

AGG】や【BND】は、米国の投資適格な債券市場全体に投資するETFです。ですので、構成の多くは米国債ですが、投資適格な社債も含まれています。ただ、あくまで投資適格な信用格付けがある程度以上(トリプルB以上)の社債と言うことで、信用格付けの低いハイイールド社債(ETFで言うなれば【HYG】や【JNK】)は、含まれていません。

 

どれぐらい投資適格な社債が含まれているかと言うと、いろいろな資料を見ると、【AGG】や【BND】の社債の割合は、約25%ほどのようです。

 

それぐらいあるなら、【AGG】や【BND】だけで充分という方も多そうですが。

 

社債に投資する米国ETF

以下に、社債に投資する米国ETFを拾ってみました。比較のために投資適格社債ETFだけでなく、総合債券とハイイールド債も、記載しておきます。

シンボル 銘柄 主な投資対象 経費率
LQD iシェアーズ iBoxx米ドル建て投資適格社債ETF 投資適格社債 0.15%
USIG iシェアーズ ブロード米ドル建て投資適格社債 ETF 投資適格社債 0.06%
AGG iシェアーズ コア米国総合債券市場 ETF 総合債券 0.05%
HYG iシェアーズ iBoxx米ドル建てハイイールド社債ETF ハイイールド債 0.49%

社債ETFとして有名なのが【LQD】で、経費率が0.15%です。【AGG】の経費率0.05%と比較する少し高い一方で、より高い利回りが期待できます。分配金利回りに関しては後ほど見ていきます。

 

同じブラックロック社から【USIG】と言う社債ETFが出ています。【USIG】は、2018年に連動対象インデックスがICE BofAML 米国社債インデックスに変更になり、経費率も0.06%へと大きく下がったようです。まだ、移行してからの実績がまだ少なく、判断の難しいところです。

 

AGGとLQDの利回りの推移と比較

以下の表は、【AGG】と【LQD】の過去数年分の分配金利回りを調べたデータです。

 

各年の利回りは、その年の分配金総額を前年末の株価で割った利回り%です。例えば、2018年であれば、2018年の年間分配金総額を、2017年12月末の終値で割った利回り%、2017年であれば、2017年の年間分配金総額を、2016年12月末の終値で割った利回り%です。すなわち、それぞれ各年の年初に買って年末まで1年間保有していた場合に獲得したインカムゲイン利回り%と言うことになります。

AGG LQD
2018 2.64% 3.40%
2017 2.35% 3.22%
2016 2.39% 3.43%
2015 2.41% 3.32%
2014 2.48% 3.55%
2013 2.23% 3.62%
2012 2.97% 4.08%
2011 3.30% 4.61%
2010 3.83% 5.07%
2009 3.85% 5.63%
平均 2.85% 3.99%

平均は各年の利回り%を合計して、単純に年数で割った数値です。

 

2018年の利回りでは、【AGG】が2.64%で【LQD】が3.40%、10年平均利回りでは、【AGG】が2.85%で【LQD】が3.99%。

 

どちらも株価は、債券ですので、ほぼ横ばいです。

 

数値データとしては以上で、これをどう判断するかは、総合&安定を好むか、少しでも利回りの良い社債を好むかは、それぞれの方針や考えによることでしょう。

 

東証ETFでも買える米国社債ETF

さて、これまで米国ETFにて、社債投資を見てきましたが、東証ETFとしても上場されていますので、以下に拾ってみます。

コード 銘柄 主な投資対象 信託報酬
1496 iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債ETF(H有) 投資適格社債 0.28%
1497 iシェアーズ 米ドル建ハイイールド社債ETF(H有) ハイイールド債 0.58%

 

構成銘柄を見ると、【iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債ETF(H有)】が【LQD】、【iシェアーズ 米ドル建ハイイールド社債ETF(H有)】が【HYG】となっています。

 

共に、為替ヘッジ付きのETFとなっていますので、ご留意ください。

 

為替ヘッジ付きは、人により、好みが分かれるところでしょうか。

 

信託報酬が元のETFの経費率より高くなりますが、東証でこのようなETFに投資できるのは、素晴らしいことですね。